スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

向日葵の咲かない夏

向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)
(2008/07/29)
道尾 秀介

商品詳細を見る


先日新横浜に行く用事があったので、一気に読んでみました。

これだけもやもやしたまま進んでいく小説も珍しいと思います。それも一つの手法であり、ある意味吸いつけられるものがありますが、内容的には私は少し好きではありませんでした。

この作家さんは著者の紹介欄を見てみるとデビュー作はホラー作品を書いているようですが、その雰囲気も少し感じられ、所々に気持ち悪いと感じる面が多々感じられました。特に最後の方はどんどん気持ち悪くなっていき、妹が蜘蛛を食べるシーンなどは疑問と共に不快感が満載でした。

レビューを少々読んでみましたが、やはり是非分かれる作品だそうです。しかし、これだけ人に嫌と言わせる作品もある種すごいと感じられました。

話のネタとしては読んでもいい作品であるとは思いますが、好きか嫌いかはその人次第だと思われます。

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

No title

こんばんは。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

向日葵の咲かない夏 道尾秀介

終業式の日。欠席したS君は首を吊って死んでいた。彼の死体は忽然と消えてしまう。 一週間後、S君はあるものに姿を変えて現れた。「僕は殺...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。