FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブッシュ靴を投げられる

ブッシュ米大統領は14日、イラクの首都バグダッドを訪問、マリキ首相と臨んだ記者会見で、イラク人記者から「犬野郎」と罵声(ばせい)を浴びせられ靴を投げ付けられた。大統領は危うくかわしたが、来月の退任を控え任期中最後とみられるイラク訪問で、イラク人の根強い反米感情を見せつけられた形となった。(共同)



昨日のニュースで一番気になったものである。

このニュースにおいて私が一番気になった点というのはブッシュが投げられたことよりも報道記者が靴を投げたという点である。

報道の場面において、常に彼らは報道の自由というものを叫ぶ。そこで彼らは情報を得る場面の中であまり私情をはさんではならないだろう。こういうことが行われると報道は規制されても、何も言えないと考えられる。


話は変わるが、イスラム圏では靴の裏を人に見せてはいけないらしい。

Global Bizより
アラブ人に足の裏を見せると、非常に不愉快な仕草と受取られます。
http://gbiz.jp/irn20.htm

昨日テレビでやっていたがフセイン政権が崩壊したときにも市民は銅像に向かって靴を投げていた。

靴の裏をわざわざ見せることはないが、国によって様々なしきたりのようなものがあるのだと知る。


何よりもブッシュ大統領の避ける機敏さに感嘆したが…。
にほんブログ村 ニュースブログへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。